外部リンクの代替機能がどんどん出てきている

残念ながら外部リンクの獲得は難しくなってきています。

外部リンクと言えば、SEOのランキングを決定づける最重要項目の一つです。

なぜ最重要かと言えば、「他のサイトから参照されていることの証」となり、
その数や質、関連性などがサイトの評価を表しているというGoogleの考えに基づきます。

さてその外部リンクですが、最近は獲得が難しくなっています。

理由は、「サイトを参照するためのシグナルの種類が増えたこと」に他なりません。

例えば、テキストサイトやブログ全盛時代にはaタグで囲ったリンクだったものが、
今では

  • ソーシャル(SNS)のシェア、いいね!などのシグナル
  • ブックマーク

にとって代わられています。

つまり、自分のサイトやブログでリンクを貼るより、
誰かに紹介したいサイトがあれば、SNSでシェアしたりいいね!したりリツイートしたり、
はてブ(はてなブックマーク)などでブコメ(ブックマークコメント)したりする事で、
従来のリンクとほぼ同じ効果を、手軽に得られるというわけです。
いちいちリンクを貼るより手軽なので、皆そっちを選ぶのです。

なお、これらの代替機能は外部リンクとして検索結果に影響をほとんどしないんですね。
理由は検索結果を操作しようとする目的で自作自演の大量シェアや大量ブコメができてしまうから。
まあシェアされまくっても検索順位は上がらないけど、
流入数は一時的に大幅増となる事もありますから、それはそれでいいのかも知れませんが・・

さらに今後、SNSやブックマーク以外にも外部リンクにとって代わる機能が開発されるかもしれません。

そうなった場合、外部リンクが検索結果に影響する度合が強いのに、
外部リンクの代替機能はいずれも検索結果に寄与しない可能性が高く、
そうなるとナチュラルな外部リンクを獲得する事はかなり厳しくなります。

では今後どうすればいいのかというと、
その答えの一つがコンテンツによるブランディングです。

上質なユーザー体験を可能にするコンテンツをつくり、
検索経由ではなく、ユーザー自ら自分のサイトに訪れてくれる、
あるいは自社サービス、商品を買いに来てくれるようにする、、という。

これが今の所、検索エンジン最適化の中の上策となりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする