モバイルフレンドリー対応(スマホ対応)は重要か?

できていないとNGです。

Googleが4/21以降、モバイルフレンドリー対応(スマホ対応)をしているサイトの評価を少し優遇するかも知れない…

と発表して、大慌てでスマホ対応させた企業も多かったでしょう。
お疲れ様でした。

でもその結果、ランキングはそこまで変動しませんでしたね。

サイトのカテゴリーによっても結果はやや違いますが、
全体としてほぼランキングの変動無し。

でも、だからと言ってスマホ対応しなくていいなんて事はない訳で。

以下のの質問に「わからない」と答えた方は要注意です。
サイトの訪問者の事をもう少し考えた方がいいっすよ。

  • ここ最近のスマホページの数値、追っていますか?
  • スマホ対応していないページの直帰率、下がっていませんか?
  • スマホ対応していないページのリピーター数、減少していませんか?
  • 実際にご自身でスマホでサイトを見て使ってみましたか?
  • スマホ対応していなければ、とても使いにくくないですか?

僕のクライアントはスマホ対応していないページの直帰率やリピーターの減少がPCページに比べて増えているケースが目立ってきています。

そもそも検索アルゴリズム以前に、
スマホ対応していない場合、とても使いにくいんですよね。

今はまだ、スマホ対応していないサイトもまだまだ多く、
スマホ対応していないサイトをスマホで閲覧する事に、訪問者が慣れている状況です。
まだラッキーなのです。

だけどこれからは、「普段スマホしか見ない人」や、
「スマホでしか閲覧したことがない人」が圧倒的に増えてきます。
今の小学生とか高校生とかがそうなので。

そうでなくとも、スマホ対応サイトが増えてくると、
そう遠くない将来、スマホ対応サイトでなければ見づらいと思う人が増えてきます。
スマホ対応していないサイトは訪問者から評価されなくなります。

そうなると、サイトの使い勝手だけでなく、検索ランキングにも間接的に影響する可能性が高いのです。
Googleもどうにかして訪問者の評価をアルゴリズムに反映しようとしてきます。
その結果、検索順位はじわじわと下がり始めます。

今からでも十分間に合うので、
スマホ対応はしっかりしておきましょう。

以上、使い勝手と検索ランキング、2つの要素で対応していないと厳しいというお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする