獲得効率が良いのはスマホよりPC。

スマホシフトが騒がれて久しい。だが全てスマホで刈り取ろうとするのは危険である。
そのことにお気づきだろうか?

あくまで概ねそうだという前提ではあるが、スマホは獲得効率がPCページと比べ低いケースが多い。
特に高額商品(保険、不動産など)になるほどこの傾向は顕著だ。

なぜPCの方がスマホより獲得率が高いのか

理由は明確。

高額商品になるほど検討により多くの情報が必要になる。
そのためPCで閲覧し多くのページを巡回し検討しているその時が獲得に結びつきやすいのだ。
利用規約等も高額商品になるほど慎重に読まざるを得ない。
そして恐らく、SPで一旦情報を拾っておいて、購入時・申し込み時にはPCを開いて行うという人も少なくないだろう。
これはユーザーがスマホでの購入や申し込みになれていない事が理由である可能性はある。

同じ事は高額商品だけでなく、例えば転職サイトへの登録申し込みなどにも言える。
あれは多くの情報が必要なだけでなく、多くの文字入力を必要とする。
だからユーザーにとって非常に煩雑だしPC閲覧時の方が登録はされやすいだろう。

こういった諸々の理由のため、少なくとも私の見ている数百サイトに関してはPCの方が未だに獲得効率が良いという傾向を見て取れる。

多くの例外も視野に入れておくべき

もちろん例外だって多くある。

例えば卑近な例だが、私が電子書籍を購入する時はスマホと決めている。
理由はスマホで購入してスマホですぐ読めるからだ。

また、今日の飲み会の予約とかサロンの予約とか、大体スマホだ。
予約をする時は外にいるとき、ふと思いついたとき、電車に乗っているとき等が多い。

ただし、将来的にはこの傾向もスマホに偏りだすだろう。

将来的にはスマホが獲得フェーズでもっと利用される日が来る

なぜならスマホを利用するシーンが日常でもっと増えるから。
そしてより多くのデータ、情報をスマホで閲覧しやすくなるから。
そうすれば今までPCで得ていた多くのデータをスマホで見ることができるようになる。
こうして比較検討から購入・申し込みまでスマホで一貫してできるようになる。

また何かのサイトに登録するときも、例えばFacebookやGoogleのアカウントだけで登録が可能になるケースは増えるだろう。
現にアメリカを中心としたスタートアップ企業のサービスはこれが多い。
私はFacebookかGoogleのアカウントだけでほとんどのサービス、アプリなんかに登録している。
(SNSやチャットアプリと言った新興サービスのTOP30なんてほとんどこの方法でアカウント開設できる)

だがまだその土壌が整うまでは、SPで情報を巡回させ、PCで刈り取るつもりでいるべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする