Pokemoon GoのMAUが6,500万人て。




Business Insiderによると、

『Pokemon Go has 65 million monthly active players – Business Insider』

NianticのCEO、ジョンハンケがロンドンゲームフェスティバルで、
ポケモンGoのMAU(月間ユーザー)は6,500万人と公表したらしい。

自分の肌感だと、周囲のほとんどの人が既にしまっているが、
今でも続けているのはかなりのヘビーユーザーだ。

だが電車の中、街中ではスマホで明らかにポケモンGoを開きながら歩いてる人を毎日見かけるし、
その男女比は男7:女3ぐらいで意外と女性も少なく無い。

また家の近くやよく使う駅などにあるジムは、
毎日のようにポケモンが入れ替わっている。

先日なんて、通りかかった時にジムが空いていたので、
自分のCP3,000ぐらいのギャラドスを登録しておいたら、
1分立たないうちに戻って来た。
つまり登録して1分立たないうちに誰かに倒されていた。

だから今でも「やってる人はやってる」という感じがする。

そもそもだが、
ポケモンGoって地味に長く続けて貰うような設計だと思っていたので、
DAUは少ないがMAUベースでは多い(毎日ログインしないが月に何度かはログインする)人の割合が高いイメージがある。
外に出ない日、歩かない日は特に自分も開かないし。

マイクロソフトの『マインクラフト』の月間ユーザー数が5,500万人との事で、
まあかなりの規模である。

あれだけの規模を爆発的に誇りながら、
新機能や新ポケモン等の追加は偉くスローペースだし、
大々的にどこかの企業や地域と組んでキャンペーンやる様子もないし、
少数精鋭でできるところから地道にやっていく会社なんだろうと思っている。
(もしかしたら見逃してるだけで、何かしらプロモーション提携とかしてるのかも知れないけど)

マーケティング畑の片隅にいる人間としては、
ポケモンGoと組んだ大がかりなキャンペーンを見てみたいと思う。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする