SEO業者は、いつかSEOの提案をやめないといけない。




SEO業者には耳の痛い話です。

SEO業者は、いつかSEOの提案をやめないといけない。

最近よく思います。

いつまでもSEOだけ提案して、リンクがNGになってきたから消去法的にコンテンツ
を提案して、なんかジリジリ売上も下がってきて…
なんて事をしているようでは駄目だなと。

そもそも、まず売り上げを伸ばしたいと言う動機が先にあるはずです。

でもSEOはマーケティング活動のうちの非常に狭い一領域しか満たしていません。

つまりいずれはお客様は広告もコンテンツもオウンドメディアもPRも全方位やらないといけない。

お客様に足りない施策があれば、
基本的にその領域をもっと提案していかないといくぐらいでないといけない。

特に、SEOで主要なキーワードでほとんど一位をとってしまっている場合。

そこで満足してそれ以上は何もクライアントに提案しない、現状維持したがるSEOの営業の話は良く聞きます。

だけども、そこで
「検索では概ねシェアを取れてしまっていますが、まだまだ商品の認知を取れていないようです。認知を取れていない層へのアプローチを増やしていきましょう」
と言えるかどうか。

「リピーターを増やせていない事が御社の課題です。まずは購入者のフォローを手厚くしましょう。購入者専用のコンテンツを定期的に投入しましょう」
などと言えるかどうか。

やるなら提案のみではなく、当然顧客とか競合の手法を分析して、ペルソナの設計からコミュニケーション、コンテクストのプランニングまで、
一通り提案してみせるぐらいはやった方が良い。

もちろん従来そこはSEO業者の領域ではありません。
だからSEOしか提案した事がない人は、あまり余計な事を言わない方が楽といえば楽なんですよね。
新しいことにチャレンジするのは誰しも大変なので。

あるいは、SEO営業に熱意があって、お客様の事を考えるとそういう提案をしたいとは思うんだけど、
会社としてはSEO以外の施策をフォロー出来ないから結局お客様には「提言するだけ」しかできなかったりすると言う話も聞きます。

または提携している広告代理店に、
「そこは私らの領域なので、SEO以外の指摘はしないでください」
と言われてしまったりする話とかも。

色々障壁はありうるのだけれど、
お客様を儲けさせると言う心意気をもち、
SEO以外にもお客様に課題を感じたら提案してみる事は大切だと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする