ウェブコンテンツは、TVや雑誌には全然かなわない

TVとか雑誌がオワコンとか言う論調がありますよね。

視聴率が下がって、とか雑誌の発行部数が激減して、とか。

確かにインターネットが普及してから、これらの需要は低くなってきているのはわかります。
ですが、だからウェブコンテンツの質が高いというわけではない。
ウェブコンテンツの質は、低いのです。
TVや雑誌に比べて。圧倒的に。

かのちきりん女子も、テレビ番組の情報の質が高いことを指摘しています。

なぜTVや雑誌のコンテンツの質が高いのか?

それは単純に、その圧倒的な制作工数にあるからです。

ウェブコンテンツよりはるかに議論を重ねて企画されて、
徹底して時間かけてリサーチして、
そして時間と人的リソースをかけて編集されて。

一方ウェブコンテンツの制作にかけるそれとでは比べ物にならないレベルです。
最近はYoutuberの有名どころがテレビの制作に少し近づいたことやってるなぁ、いいなぁと思います。

低レベルなコンテンツマーケティングは淘汰される

で、何が言いたいかと言うと。
「コンテンツマーケティング」について、とにかくもっとTVや雑誌のレベルに少しでも近づこうとした方がいいです。
じゃないとコンテンツマーケなんてもう飽和し始めているわけで。
コンテンツもモノが微妙なら淘汰される。
消費サイクルも早くなっている。

だから多分、ウェブコンテンツももっとTVとか雑誌レベルで頑張るところがそのうちでてくる。
一部は既に有料で出してたりしますよね。
例えば有料メルマガとかcakesとか有料サロンって本当に綿密なリサーチをかけていて凄いなって思うものがたくさんあります。
クソみたいなのもありますけどねw

ほんと、今のコンテンツマーケティング支援会社って微妙なコンテンツ出してるところがやまほどあるから。
早いところ、ウェブコンテンツ全体がボトムアップされるべきだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする