外資系投資銀行の転職エージェント




外資系投資銀行エージェント

外資系投資銀行(IBD)や外資系金融へ転職するには、求職サイトではなく転職エージェントが良いとされています。
いわゆる外銀は、大手や重要なポジションほど表立って募集しない、いわゆる非公開求人が多いからです。

外資系の投資銀行、金融の紹介やアドバイスなどに強みのある転職エージェントを、私の体験談・口コミを交えてご紹介します。

外資系投資銀行や金融は転職エージェントに頼るべし

外資系の金融と一口に言っても、
投資銀行、アセットマネジメント(資産運用会社)、証券、銀行、生保、PEファンド、ヘッジファンド、M&Aアドバイザリーファーム、証券、信託銀行、銀行、生命保険会社、プライベートエクイティ投資会社、FAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)などなど、幅広い業種があります。

また職種も多岐に渡っており、
通貨等のオプショントレーダー、ファンドマネージャー、ファンド運用ミドル/バックオフィス、クオンツ、内外債権クレジットアナリスト、M&Aマネージャー、セールス、不動産アドバイザリー/バリュエーション/デューデリ、等々があります。

一つ一つの業種と職種で専門性が異なり、かつ転職活動自体が難関となる事が多いため、門戸が狭い反面、どの会社も慢性的な人手不足。
非公開求人や、知人のつてなどで採用をなんとか確保しつつ、外資系のためすぐ転職される事が多いと言うのが各社の現状です。
(外資の戦略コンサルより短期の移動が多い印象)

こういった難関転職市場は転職エージェントやヘッドハンターの得意領域です。

求職者は転職エージェントによる紹介だけでなく会社の選定や予備知識の仕入れ方、面接対策と言ったかなり専門的なアドバイスが豊富に必要になります。
競合のキャンディデートがあなたよりハイスペックである可能性も視野に入れる必要があり、どの様に応募し立ち振る舞うかの知見がとても強く求められます。

外資系金融に対して「求人案件だけ持ってます」と言う転職エージェントはすくなくありません。
何のアドバイスやサポート無しに面接を通過する事は稀ですので、転職エージェントに頼る方がチャンスを逃しにくいです。

それでは外資投資銀行や金融への転職にお勧めの転職エージェントをご紹介します。

外資系投資銀行、金融におすすめ転職エージェント

まず、最もおすすめの2社を紹介します。
いずれもこの領域では間違いなく日本トップクラスの経歴の長さと紹介実績数、並びにスタッフの専門知識の高さが群を抜いているからです。

1.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントに登録する

JACリクルートメントは日本で、あらゆる外資系企業の紹介が出来るのではないかと言うほど外資系に強い転職エージェントです。

歴史も長く、また業界知識の豊富なエージェントが揃っています。
余り転職者の知識や職務経験がない場合は微妙に説教されたりします。私はされました。笑
と言う感じで、無理やり求職者に応募させない余裕が感じられて好感が持てます。

2.ムービン ストラテジックキャリア

ムービン ストラテジックキャリア

ムービン ストラテジックキャリアに登録する

ムービン ストラテジックキャリアはBCGの戦略コンサルタント経験者が立ち上げた転職エージェント。

ここもJACリクルートメントと双璧を成す外資系を強みとするエージェントです。

外資系の有名企業、大企業はあらゆる会社にコネクションがあるのではと思えるほど豊富な案件を持っています。

こちらも、求職者には無理に応募を迫ったりはあまりありません。余裕のある対応を見せてくれます。
こちらの希望と違う会社を勧めてくる事がたまにありましたが、

また、ムービンのエージェントは返信が早く、
会社やポジションごとのアドバイスがとても的確です。
「競合の◯◯社との違いはこれとこれ」とか、「読んでおくべき本はこれです」と言った形で、情報を惜しみなく出してくれます。

もし外資系の投資銀行や金融系企業を受けたい場合は、
ムービンに登録しておくのも良いと思います。

その他、外資系投資銀行におすすめの転職エージェント

ウィルハーツ

ウィルハーツ

ウィルハーツに登録する

外資系投資銀行や金融に強い転職エージェントなのが、ウィルハーツ。
外資系金融出身者が立ち上げた少数精鋭の会社で、在籍するエージェントも同じく外資系金融畑の方が多いです。

外資金融業界に在籍した事を活かした太いパイプやレジュメ指導、模擬面接などの強みがあります。
10年、20年単位でエージェント活動をしている猛者ばかりで、部長/マネージャークラスのポジションの対応も可能です。

アンテロープ

アンテロープ

アンテロープに登録する

アンテロープは外資系投資銀行や金融に強いものの、特化した訳では無く、
外資・日系含む金融、公認会計士 、証券会社 、PEファンド、FAS、経営コンサルティング等々への強いパイプを持つ有名な転職エージェントです。

イメージとしては金融、戦略コンサルへの転職で利用する人が多いです。
キャンディデートファースト(求職者第一)」をモットーとしています。

コンコード エグゼクティブグループ

コンコードエグゼクティブグループ

コンコードに登録する

コンコードも外資の金融や戦略コンサルティング業界などでヘッドハンティングで2008年から活躍してきた会社です。

どのぐらいコンコード社がの実績が凄いかと言うと、「日本ヘッドハンター賞」で最優秀賞であるMVP受賞者が初代受賞者も含めて、過去~現在までかなりの数在籍していると言う点。

コンコード社が扱う転職案件は、代表が戦略コンサル出身だからかどうしても戦コンのイメージが強いのですが、最近は医療系など幅広くなってきています。

同社の転職エージェントはそれぞれの業界で最年少○◯や最優秀○◯などの抜きんでた実績を残してきた「猛者」みたいな人達が多いのです。

外資系投資銀行や金融業界で転職したい場合にはそのフィールドに強みのあるエージェントがいますので、相談すると良いかもです。

Aヒューマン

Aヒューマン

Aヒューマンに登録する

A・ヒューマンの得意領域はミドルクラスで、30歳代~40歳代。
Aヒューマンの最も強いジャンルは金融系企業です。当然、外資系投資銀行や金融案件も扱っています。
創業から20年程度と、外資金融に強いながら転職エージェントの数はそこまで多くなく、少数精鋭です。

エリートネットワーク

エリートネットワーク

エリートネットワークに登録する

エリートネットワークはミドル層の外資系投資銀行や金融への転職に強みを持つエージェントです。

若手などはLinkedinなどの影響で企業が直接雇用したりヘッドハンティングしたりとダイレクトリクルーティングの影響を受けそうですが、
ミドル層などはこうした転職エージェントの利用が多い状況です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする