MEO対策(ローカルSEO対策)

MEO対策(Map Engine Optimization、ローカルSEO対策)について解説します

MEO対策は、Googleなどの検索エンジンの通常検索の検索結果や、地域検索(地図検索)の検索結果に表示される自分の店舗、企業、拠点などのローカル検索順位を上位に上げる事です。美容室、整体、飲食店、などなど…店舗型ビジネスの集客に非常に効果的です。

ローカル検索結果とは

Googleの地域検索(地図検索)の事をローカル検索、その検索結果の事をローカル検索結果と言います。

ローカル検索では、検索エンジンの検索結果ページに 2種類の検索結果が表示されます。ローカルの通常のオーガニック検索結果と、代表的なものをGoogleがピックアップした「ローカルパック」領域です。

ローカル検索のオーガニック検索結果には、地域に関連性のある検索クエリに関連するWebページが含まれます。これらには、食べログやホテル検索などのディレクトリが含まれることがよくあります。

Googleのローカル検索で自分の店舗情報を表示させたい時、「Google My Business」(GMB)アカウントをまず作成します。これで自分の情報をGoogleマップに登録する事ができます

Google My BusinessはGoogleアカウントがあれば使うことが出来ます。登録が完了すれば、Googleローカル検索で、例えば自分の店舗名を検索すればほぼヒットします。また、自分の店舗が渋谷駅付近のカフェだった場合、「渋谷 カフェ」で検索した時に、検索結果にヒットする様になる可能性があります。

Google My Businessの情報は自ら登録する場合を含めて、次の様な情報源があります。

  • 事業のオーナーが自己登録する場合。開閉時間、製品やサービスの説明などを登録できます。
  • Googleが自動的に企業のWebサイトから取得した情報
  • Googleローカル検索ユーザーからの口コミの書き込みや、アップロードされた写真などのユーザー提供情報
  • Googleのナレッジパネルの検索結果に表示される情報はWikipediaなどから自動的に取得される事があります。

ローカル検索結果の順位を決めるアルゴリズム

Googleの通常検索など、検索エンジンにはアルゴリズムがあり、それによって検索順位が決定します。MEO対策も同じくアルゴリズムがあります。

Google My Businessの適切な情報登録や、店舗のWebサイトの方で名前、住所、電話番号(3つまとめてNAPとも呼ばれます)、バックリンク、店舗名などがウェブ上でどれだけ言及されたか(サイテーションと言う)などがあります。

  • バックリンクが最も重要です。
  • バックリンクのアンカーテキストに適切な地名やワードが含まれていれば尚更MEO対策に効果が高いと言われています。
  • より多くのコンテンツ(したがってより多くのキーワード)を持つサイトは、(予想どおり)うまくいく傾向がありました。
  • Google My Businessに書き込まれた口コミレビュー数や点数
  • ユーザーによる写真の投稿も重要。
  • 営業時間内に確認済みのGMBページを表示する事も、やや劣りますが重要です。
  • Google My Businessのタイトルに地名が含まれていても検索順位には影響しません(自作自演しやすいので)。
  • Google My Businessのページ内にローカル検索キーワードが含まれていること。
  • Schema.org などの構造化マークアップ。LocalBusinessとプロパティをマークアップしておきましょう。営業時間、住所、代表社、会社などの情報がローカル検索で認識されやすくなります。

自作自演・偽装口コミレビュー問題は未対策

良い事ばかり書いてある自作自演口コミとか、ありもしない悪い評価を書き込む偽装レビューが少なからずあります。

こう言った偽のレビューを報告するための適切な場所は今の所Googleマイビジネスフォーラムに通報することです。

例えば海外版食べログと言われるYelpでは、レビューを購入したり、不自然な数の低評価レビューを受けている企業に対して、異常な口コミ行動をユーザーに警告するラベルを表示すると言った対策をしています。

現在のGoogleローカル検索アルゴリズムは、不自然なレビューパターンを識別しません。そのうち対策が入るとは思いますが。異常な口コミパターンは、人による測定を必要としないことが多く、アルゴリズムによって簡単に識別されるはずです。その結果、偽のリストと不正なレビュー担当者のアカウントの両方が一時停止または削除などされる可能性はありそうです。

重要アルゴアップデート1:ポッサムアップデート

ローカル検索のアルゴリズムは何度か大型のアップデートを過去に実施しています。その一つがこのぽっさむアップデート。2016年9月1日にロールアウト(実施)されました。

一部の検索順位が大幅に変更になっただけでなく、複数の事業者が同じ住所(同じビルや商業施設など)にある場合、Googleはそのうちの1つだけを表示します。大型商業施設にある同業者同士の競争が激化する事になりました。

重要アルゴアップデート2:ホークアップデート

ホークアップデートは基本的にはポッサムアップデートの拡張版です。2017年8月22日実施。

同じ建物だけでなく数軒隣など、近い区画にある近しい業態の店舗がフィルタリングされることになり「オーガニックランキングが高く、キーワードとの関連性が高い」リストが1つだけ表示されます。

MEO対策(ローカルSEO対策)で重要な事

MEO対策では知名度(著名である事)、関連性、距離の3つを高めていく事が重要です。

1.著名である事

MEO対策(ローカルSEO対策)ではどれだけ有名な場所・店舗であるかが重要です。例えば、重要な美術館や店はもっと目立つようになるでしょう。Googleは口コミレビュー数、バックリンク、どれだけ噂になったか(サイテーション)などをウェブ上で監視して、それもローカル検索結果に反映しています。

2.関連性

Googleマップやローカル検索で入力されたキーワードと、あなたの店舗などの情報がどれだけ関連性が高いかは重要です。

3.ユーザーの現在地との距離

ローカル検索ユーザーの検索キーワードと、あなたの店舗が近いかどうかもMEO対策(ローカルSEO対策)では重要です。例えば「渋谷 カフェ」で検索された時に、あなたが渋谷にカフェを持っていれば、ローカル検索結果で表示される可能性があります。

なおこれは渋谷にいる検索ユーザーがローカル検索で「近くのカフェ」と検索した場合も該当します。

デジ雑記
タイトルとURLをコピーしました