可処分時間

ユーザーの可処分時間を奪いまくる方法

ユーザーの時間を奪おう。 消費者が自分のために使う時間、 つまり可処分時間の奪い合いが始まっています。 今までその筆頭だったテレビ、音楽コンテンツ、雑誌などから、 ウェブメディア、スマホアプリなどがそこに加わり、 真っ赤な...